モダン住宅の購入でお得|お得にマイホームを手に入れ隊

全てを考慮して選択

それぞれのメリットについて知りたい

一戸建て住宅を購入する場合と、マンションをこうニュする場合ではどちらがお得でしょうか。それぞれメリットとデメリットがあるので、その違いを比較してみましょう。 まず、一戸建て住宅のメリットは修繕積立金や管理費、駐車場代がかからない点です。これは何年も積み重なると100万円以上の差が生まれてしまいます。 また、資産性がある点です。マンションに比べると、一戸建ての場合は土地を所有しているため、建物は20年で価値がなくなってもその下の土地はいくらかは資産として残ることがあるのです。 これに対してマンションのメリットは、固定資産税がかからない点です。土地を所有していない分譲マンションの特権と言えるかもしれません。

それぞれのデメリットについて

次にデメリットについてはどうでしょうか。まず一戸建てのデメリットは、同じ面積だと、分譲マンションのほうが安く購入ができる点です。 また、維持費にお金がかかります。マンションのように修繕積立金がないので、個人的に修繕積立金を貯えておく必要があります。そういう意味では、お金の管理がしっかりとしている人のほうが一戸建て住宅に向いているかもしれませんね。 一方分譲マンションのデメリットは、大きな声を出したり、テレビの音量が大きかったり、床を歩く音がうるさかったりすると近隣に迷惑がかかる点です。また、管理組合に参加する義務があるため、忙しい人にとってはとても面倒です。 このようにそれぞれメリットやデメリットがありますので、経済的な面だけでなく自分たちに向いている方を選んでみましょう。